案内

腸閉塞の原因とその対策方法~早めの対策でしっかりと治療しよう~

大腸がんの対策

医者と看護師

国内のがん患者数は非常に多く、4人に1人ががんで死亡しているとされています。がんには多くの種類がありますが、中でも大腸がん患者の数は多く、その死亡率も高いという特徴があります。ですが大腸がんは適切に処置を行なうことで、しっかりと改善することが出来ます。早期発見、早期治療を心がけて大腸がんをしっかりと治療していきましょう。

大腸がんを説明する前に、まずは大腸の役割とその仕組みについて知識を得ておきましょう。大腸は身体に摂取された水分の吸収を行なう役割があります。そして大腸は便を作る場所でもあります。大腸は盲腸、結腸、直腸の3種類に分けることが出来ます。また結腸の中でも上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の4種類に細かく分類することが出来ます。大腸がんは大腸の粘膜が原因で発生したがん細胞が、大腸壁に進行していくのが特徴です。大腸がんの進行スピードは比較的ゆっくりですが、確実に他の臓器に転移してしまう恐ろしい病気なのです。

大腸がんの治療方法としては主に内視鏡治療、外科手術治療、抗がん剤などを使用した化学療法、放射線治療の4つがあります。大腸がんの治療を行なう際には、これらの治療を組み合わせながら進めていくことで、症状の改善をしていくことが出来ます。治療の組み合わせは患者さんの状態や、大腸がんの進行度合い、また希望する治療内容などを加味したうえで選択することが出来ます。担当する医師としっかりと話し合い、自分が納得する治療を選択しましょう。