案内

腸閉塞の原因とその対策方法~早めの対策でしっかりと治療しよう~

胆管がんを克服する

マスクをした女性

胆管がんとは胆管に悪性腫瘍が発生した病気です。胆管は肝臓で生成された胆汁を流すための管のことです。胆管がんにはいくつかの種類があり、肝臓内部の胆管に発生するものを肝内胆管がん、肝臓外部の胆管に発生するものを肝外胆管がんと呼びます。胆管がんは男性に多く発症する病気で、高齢者に多いのが特徴です。胆管がんが発症する原因としては、膵胆管合流異常があります。また原発性硬化性胆管炎を患っている場合その合併症として胆管がんを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

胆管がんの治療方法としては、外科手術が基本的な方法となります。ですが移転などの症状がある場合には手術治療が選択出来ない場合もあります。また患者さん自身が外科手術に耐えることが出来ないと、医師が判断した場合は外科手術以外の治療方法を選択することもあるのです。手術治療が選択出来ない場合は、抗がん剤治療や放射線治療を用いて、胆管がんの治癒を行ないます。抗がん剤の種類としては、塩酸ゲムシタビンやティーエスワンと呼ばれる薬剤を使用するのが一般的です。患者さんの中には抗がん剤を使用することが出来ないケースもあります。その場合には、胆管内から照射する胆管腔内照射法という放射線治療を行ないます。また他にも体外から照射する放射線治療もあるため、医師と相談して最も適切な治療方法を選択していくことが出来ます。胆管がんの手術はとても高い医療技術が必要になります。そのため治療を行なう病院を選ぶ際には、検査を行なう内科、手術を行なう外科ともに専門的な知識と技術があるかどうかを確認しておきましょう。